21世紀の新燃焼技術で木をそのまま燃料にできる最新型バイオマスボイラ「ECO-BOILER」を紹介しています。

世界初!最新型バイオマスボイラ『ECO-BOILER』
21世紀の新燃焼技術【特許番号:4734462】
低コスト+クリーン 一般的な重油ボイラに比べて燃料コスト2/3以上削減 環境にやさしくコストも最小限、新時代のボイラです

木質資源のまま利用

ペレットやチップへの木材加工費が0円のため、
燃料費の大幅なコスト削減を実現

木質資源である、丸太・木株・間伐材・雑木・剪定枝・竹など、
自然木の形状を問わず無加工のまま燃料として使用できます。
従って、ペレット・チップなどへの加工が不要のため、非常に経済的です。

詳しくはコチラ

定格最大発熱量120kWの
エコボイラとA重油ボイラを比較

発熱量を合わせて年間稼働日数を180日間として計算すると

およそ130万円のコスト削減

になります!

  • ※ボイラの使用を必要とする冬期を180日としています。
  • ※重油ボイラの燃料費は【使用量:120L/日、重油単価:80円/L】×【年間使用日数:180日】の条件で計算
  • ※エコボイラの燃料費は【木材使用量:26t(180日間分)、薪単価:5円/kg】+【灯油仕様量:2600L(180日間分)、灯油単価:80円/L】の条件で計算

間伐材・端材などの有効活用

サイズ・形状・太さ・含水率などの制約を受けないので、
森林保全への取り組みから発生する間伐材・端材などの資源を有効活用することができます。
また、製材所など自社で端材が出る場合や、
山林所有者から安価で譲り受けることができる場合は、さらに経済性が拡大します。

  • 間伐材

    間伐材

  • 建築用プレカット材

    建築用プレカット材

  • 製材端材

    製材端材

さらに詳しく知りたい方は

お問い合わせ、資料請求、お見積り相談などどうぞお気軽にご相談ください。

最新の1次燃焼技術

最新の燃焼技術で長時間燃え続ける(約1週間~10日)

炉上部から空気を供給することにより、燃焼量をコントロールすることができます。
そのため、従来の薪ストーブやボイラのように、一度に燃料全体が燃え広がることがなく、
一回の燃料投入で一週間以上の持続運転が可能です。

従来のボイラとの比較

最先端排煙浄化機構

4段階の完全燃焼でクリーンな排ガス

エコボイラーのメカニズム

燃料となる木材ならびに燃焼によって発生した排ガスを4段階の燃焼過程を経て完全燃焼させるため、
排煙分析測定においても煤塵・窒素化合物(NOx)・硫黄酸化物(SOx)・ダイオキシン類などの濃度は、
大気汚染防止法の基準を大幅に下回っております。
また、このクリーンな排ガスはほぼ無色透明なので、排煙による周囲のトラブルも最小限に抑えられます。

CO2排出量の削減に大幅に貢献

一般的な重油ボイラと比較した場合、同程度の発熱量を発生させる場合に削減できるCO2排出量

CO2排出量 約90%削減

エコボイラ仕様・概略図

エコボイラの仕様・概略図

さらに詳しく知りたい方は

お問い合わせ、資料請求、お見積り相談などどうぞお気軽にご相談ください。

さまざまな利用用途

  • ハウス栽培

    ハウス栽培

    広い空間を効率的に暖めるエコボイラは、冬場の團場管理には最適です。

  • 養殖

    養殖

    エコボイラで生み出された熱エネルギーの利用が進められており、ウナギやアワビなどの養殖でも活躍すると期待されています。

  • 温泉施設

    温泉施設

    温泉を温める目的や施設全体の暖房など、幅広い用途で利用されています。

その他の利用用途を見る

最新情報