用語集|最新型バイオマスボイラ - ECO-Boiler【エコボイラ】

世界初!最新型バイオマスボイラ『ECO-BOILER』

DICTIONARY 用語集

ECO-BOILER【エコボイラ】=木質燃料バイオマスボイラー

木をそのまま燃料として稼働させることができる、特許を取得した新しい燃焼技術を利用するボイラーです。
木材を加工する必要がないため、従来の薪ボイラーと違い、そのままの状態で炉内に投入することができます。間伐材や林地残材を地域で収集し持ち寄ることで燃料費の削減、またECO-BOILER【エコボイラ】で燃焼させることで、同等の灯油(化石燃料)ボイラーと比較すると、大幅なCO2の削減効果が期待できます。
日本の森林蓄積(木材の占める容積)は、年々増加していますが、安価な輸入木材に依存しているため、国内の木々がほとんど利用されておりません。国内の森林資源を有効利用することで、林業従事者の増加、地域の活性化、新たなビジネスチャンス創出にも一役買うこともまたECO-BOILER【エコボイラ】には期待されております。

化石燃料ボイラー

石炭、重油、軽油、灯油、ガソリン、NLG、都市ガス、ブタン、プロパン等を燃料としたボイラーです。
国内におけるエネルギー精製の原料として、エネルギー密度が高いこと、また、利用しやすさから長年にわたり化石燃料が使用されてきました。そのほとんどは、外国に依存しており、価格が不安定で高価です。特に石油では、枯渇の問題や燃焼で排出する二酸化炭素を含む炭酸ガスを大気放出することで、地球温暖化という環境破壊につながる等の地球規模での問題も指摘されています。

生木

水分を含んだ木です。伐採したての木は大量の水分を含んでいるためボイラーの燃料には適していません。燃えにくく、木材バイオマス燃料として利用するには乾燥させる必要があります。
乾燥は太さや材質により違い、小丸太ならば自然乾燥で半年から一年程で含水率30%以下になり、ECO-BOILER【エコボイラ】の燃料として使用できるようになります。

木質ペレット、木質チップ

木材を加工し、ペレットボイラー用や、チップボイラー用の燃料として加工したものです。
木質バイオマス燃料として利便性が高いですが、加工に多くのエネルギーと手間がかかり、それぞれに燃料を投入し続けるような特定のボイラーが必要なため、結果としてコストが高くなります。

新燃焼技術

燃焼炉への給気、排気の制御と4段階の燃焼過程によって無加工の木材を燃焼させることができます。さらに、燃焼過程で発生した燃焼ガスをクリーンな状態にして排出すると、また、発生した熱量を90%以上回収することができる画期的なバイオマスボイラーです。
燃焼過程において発生する大気汚染物質は、国の基準地を大幅に下回ります。特に、CO2排出量は、同等の灯油ボイラーと比較すると[44t/1シーズン] 削減できることが証明されております。
※1シーズンは約6ヶ月を想定しています。